月別

ムービーを見る

扁鵲の塀越しの患者の診断の再現

ムービーを見る

茂木昭による集団治療 70人

東京都 Y・S 先生

初めは要領を得ず、何度も不安になりました。それでも後半は、教えて頂いたことに集中できるようになり、TRテストもそれなりに出来るようになりました。TRテストがある程度出来るようになって、重心やスリ足、姿勢など、教えて頂いていることの意味が、少しずつわかるようになりました。

初級を終えて…

 『律動法は、人間が持つ本来の自然治療能力を、合理的に最大限引き出す、根本的な治療法』…だと思いました。

L5の調整を通じて、病気や怪我を治すのは患者自身だということを痛感しました。私にできることは、手助け、後押し、観察(診察)、同調…。茂木先生が最終回でL5の調整をするときの気持ちを問われましたが、私は迷いなく『同調』だと思いました。

治そうとする気持ちは邪気になり、無心…何も考えないのは治療を放棄している気がしました。…ですから、患者の良くなろうとする気持ちに同調することが大切だと思いました。

最後に、河田先生に「一緒に頑張りましょう」というお言葉を頂き、先生の向上心と愛情を肌で感じ、とても感激致しました。荒井先生は一貫して、親切で丁寧な指導をして頂き感謝をしております。とてもわかり易かったです。

茂木先生には強い信念と情熱を感じさせて頂き、心身が引き締まる思いでした。今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。