月別

ムービーを見る

扁鵲の塀越しの患者の診断の再現

ムービーを見る

茂木昭による集団治療 70人

カイロプラクターの方へ

種々カイロプラクティックテクニック、オステオパシーテクニックがあります。近年頭蓋オステオパシ―、頭蓋仙骨治療が流行しています。CSF循環を正しくするテクニックですが、頭蓋下から脊髄外膜内、仙骨内を循環する正確な診断法が修得できずに頭蓋、仙骨を調整している傾向があります。律動法では確実なCSF循環を知覚できる指導、さらには数メートルの距離から、CSF循環を透視診断する指導、その他の内臓の透視、脳内の透視診断をして、夏期錬成セミナーでは参加者全員が、CSF循環と各内臓の異常を数メートルの距離から透視に成功しています。
 頭蓋と仙骨の動きから即CSF循環の調整をするのでは、脊髄外膜内を上下するCSFの調整ができているのかどうかも分かりません。あたかも古典鍼灸家が人体内全身を循環するという経絡の流注を人体の流れは分からず、橈骨動脈で見るのと同じです。
 律動法では、体内内臓、椎間板ヘルニア、大脳の脳幹、基底核、脳硬膜、まで全身を透視する能力を指導しています。身体組織を透視できるのであらゆる疾患、病気を診断し、治療効果を上げることができるのです。
各種のカイロプら九ティック、頭蓋オステオパシーを採用してきたカイロプラクたーの方にとってはやっと喉の棘が外れたような感がするでしょう。取り敢えYou Tubuで「律動法」から内容を閲覧してください。そして臨床見学をして見てください。