HOME > 活動案内 > 毎回追体験スナップ > 第20期基礎シリーズ 第3回目-WEB報告-

活動案内

< 福岡県 藤本 英司 先生  |  一覧へ戻る  |  第21期基礎シリーズ 第1回目-WEB報告- >

第20期基礎シリーズ 第3回目-WEB報告-

律動法 第20期基礎シリーズ 第3回目のWEB報告をいたします。

平成29年2月12日(日) 会場:周気堂治療室

膵臓の異常を検査

膵臓は胸椎11番。
膵臓が健全なら筋力が低下する白砂糖が被検者は白砂糖の負荷で拒否反応を示すさなくなっている。
胸椎11番の腫れを正常にすると、膵臓の浮腫が締まり、白砂糖で拒否反応を示すようになる。
T11PL


頚椎のモーションパルペーションの構え方

頚椎モーション・パルペーションの正しい姿勢。膝関節、足関節を回転する。
肩を外転・屈曲し、肘を回外。肘を張り、親指を張って立てる。
親指は患者の耳の前方、こめかみは触れないように、 頭の真ん中で支える。
膝を片方ずつ突き出して、手はそれについていく形でローテーションする。


治療家の手の形を作る。掌(たなごころ)で捉える

これが治療家の手である。
掌は開かず、緩める。
手掌のアーチを作る。
小指、親指を引くとくぼみができ緩む。
掌がなくなると、感覚がなくなる。
掌を緩めると指の先端まで力が入り、感覚が鋭敏になり、誰でも手掌の先20センチの空間感覚が生まれる。
つまり人体内20センチの深さまで体内透視ができる。
この感覚は、セミナーで指導している。


茂木代表による精度の高い腸腰筋テスト指導

被検者の中心に立つ。
手押しではなく、肩、脇を固めて肘は少し緩め、
腰を落とさず膝関節、下腿の力で被検者の筋力をみる。
実技で直接指導を受けないと精度の高い筋力テストは体得できない。


カテゴリ:

< 福岡県 藤本 英司 先生  |  一覧へ戻る  |  第21期基礎シリーズ 第1回目-WEB報告- >

同じカテゴリの記事

第21期基礎シリーズ 第1回目-WEB報告-

律動法 第21期基礎シリーズ 第1回目のWEB報告をいたします。

平成29年3月12日(日) 会場:周気堂治療室

5段階の診断感覚の法則

治療者の可能な最大微細感覚が生体を検査する。
治療者の最大微細感覚が向上しなければ、何十年臨床を積んでも治療能力は向上しない。
永遠に同レベルの世界しか知ることはできない。
現時点での最大微細感覚を頭内で、5段階に認識設定する。
一番微細な感覚のところを5とし、そこから4→3→2→1と脳内の感覚設定をする。
すると手指触覚感覚まで5段階の感覚世界が拓かれる。
こうして生体知覚世界が無限に広がり、無限に鑑別力が向上する。
治療は鑑別出来た領域までしか治療効果を上げられない。


■治療家の体作り。すり足について

日本の古典芸能、各地方の舞踊の基本はすり足である。
それは見ている人からもきれいで、演じる人も爽快であるからだ。
阿波踊りでさえも足腰の構えはすり足と同様な上下動しない動きである。
それは人体機能が最大に機能している姿である。
まさしく治療行為は最高の気の状態が要求される、手技治療でも鍼灸でもこの気が正気であるか否かが治療効果を左右する。
その正気の姿勢を作るのがすり足である。
レールを滑っていくように。


正しい姿勢について

正しい姿勢は背骨が通っている状態。これを正中心と言うのはこのことです。
脊柱菅の脊髄が真っ直ぐにぴんっと機能した状態。前後は生理的カーブがあるから真っ直ぐとはならない。ただし、生理的側弯がなくなってしまっても圧迫が生じる。仙骨ベース(底)が水平だったら、ストレートネック・ストレート胸椎・ストレート腰椎では生体は機能出来ない。
仙骨ベース(底)が身体の真ん中にくるように。
水落ちは引っ込める。



前腕の筋肉の触れ方

検査の5段階の法則による触診実習。
前腕のふっくらした軟部組織での触診実習。最大微細感覚で軽く触れる。それを5とする。
そこから更に4→3→2→1と力を抜いていくと深いところまで指が入っていく。
生体の拒否反応に影響しないような微細な感覚が必要である。
一般の治療家の触診レベルでは、生体は拒否反応を生じる。
正しい触診は、生体が受け入れる微細な触覚が必要である。


第20期基礎シリーズ 第2回目-WEB報告-

律動法 第20期基礎シリーズ 第2回目のWEB報告をいたします。

平成29年1月8日(日) 会場:周気堂治療室

望診せず触れた場合と望診後に触れた場合

治る治療家と治らない治療家の差の正体! 
脊椎の動き、L5の動きをいきなり触れて感じとると、生体は拒否反応をしめす。
頭から足まで目で望診して、一呼吸してから触れると、生体は術者の診断を受け入れる。
手技治療、鍼治療等全治療法に共通する治療の原則。


患者の身体の側面に立ったときの構え

術者の体の使い方をシャープにしないと緻密な診断・高度の治療ができない! 
患者の身体に対して45度の角度で身体を向け、腰椎の5番から上半身だけを捻る。
右脇が締まる姿勢で構える。
固定手は遠すぎないように。


第20期基礎シリーズ 第1回目-WEB報告-

律動法 第20期基礎シリーズ 第1回目のWEB報告をいたします。

平成28年12月13日(日) 会場:周気堂治療室

■後頭骨の微細骨折触診

被検者は後頭骨の左に2箇所縦に微細骨折がある。
検者は肘に糸がついて、すっと上にあがる感覚で手を構える。
四指の先の間隔を狭めて指先に感覚が集中するようにする。


足関節のベアリングの使い方

膝の上を固め、膝から下を水平に動かす。治療家の身体の作り方。

 

2点TLについて

受講者の質問:2点TLをするときと、2つの点を個別にみるときの違いについて
(2つの鉛による検証)
回答:2点TLをするときは、時間間隔は少なく、2つの点を個別にみるときは反応時間を考慮して間を空ける。
また、丁寧に2点を診断すると、反応時間の間を空けても2点TLとなる。
生体は新たな刺激に強く反応する。


 



第19期基礎シリーズ 第3回目-WEB報告-

律動法 第19期基礎シリーズ 第3回目のWEB報告をいたします。

平成28年11月13日(日) 会場:周気堂治療室

セミナーの目標

1.参加者の患者数急増が第一の目標。
2.基礎シリーズでは各受講者のレベルに応じた修得を目指してほしい。
  律動法基礎レベルの完全修得を達成!
3.基礎シリーズ3回の終了後は月例セミナーで、中級レベル、上級レベル、究極レベルまで各自の目標を立てて臨んでほしい!
究極レベルとは解剖学的人体組織すべての診断である。基礎シリーズでもその高度内容の一端を月例での目標のために公開する。


タッピングの方法

タッピングは目標物のみに行う。強く行うと拒否反応を起こすので、微細に行う。

 

多動症について

受講生の質問:小学校2年生の男の子で、ベッドに座っていられず、
物を持ってもすぐ落としてしまう多動症の子供の診断方法は。

解答:たとえば脳を診断すると、全部異常がでるかもしれない。
その後、身体を動かしてもらうと、異常が消える。みな、そうやって調整をしている。
病院での症状とはみな調整作用である。
脳と脊髄系が弛緩した状態を自分自身の身体で想定すると、背骨が緩んで気持ちが悪い状態である。
その時、脊髄に刺激をおくると楽になる。


 



第19期基礎シリーズ 第2回目-WEB報告-

律動法 第19期基礎シリーズ 第2回目のWEB報告をいたします。

平成28年10月9日(日) 会場:周気堂治療室

仙骨のゆがみが全身に及ぼす影響について

脊椎と頭蓋骨を乗せている仙骨の岬角は絶妙である。
わずかな仙骨の歪みでも頭部まで1メートルくらいあるので、
頚椎に乗っている後頭骨は大きく狂い、脳も狂う。
仙骨、尾骨の傾きの調整により感染症などで炎症をおこしている脳血管、
アルツハイマーの萎縮も瞬間的に変化する。


斜視について

蝶形骨は主に外転・内転、内旋・外旋、ねじれの動きがある。
とても薄い骨なので、複雑な障害の場合には微細骨折がある場合もある。
蝶形骨が内旋の場合、眼球が外方に向き外斜視、外旋の場合、内方に向き内斜視となることが多い。
また捻じれることで、斜めの外斜視となる。

 

肩の挙上のモーションパルペーション

手技には、操作手と固定手がある。固定手がしっかりしていれば、操作手が決まる。
細かく、微細に、正確にやればやるほど、肩を通してどこのひっかかりなのか、仙骨なのか、脳なのかわかる。

 


 

肩の挙上操作と術者の癖

自分の身体が出来て初めて人の身体がわかる。
身体の軸をずらさない。
術者は、L肩の挙上制限があり、L鎖骨の微細骨折が解消すると、
挙上できるようになり、挙上操作がスムーズになった。
術者は自身に挙上制限がある場合には、胸椎、鎖骨、肩甲骨、肋骨の骨折をみること。
なにが正しいやり方なのか見定めて、それに合わせて操作すると自分の身体が整う。


豆状骨と脇をしめる

手関節の回内をして、豆状骨を意識して脇をしめる。


このページのトップへ