月別

ムービーを見る

扁鵲の塀越しの患者の診断の再現

ムービーを見る

茂木昭による集団治療 70人

福島県 Y・T 先生

律動法の講習会に参加して2年、初級コースは2度目の受講となりました。

1度目も臨床に即実践できる内容でしたが、さらに臨床での結果が出るような内容に改善され、とても勉強になりました。これから学んだことを生かしていけるように鍛錬したいと思います。講師の先生方、またスタッフの方々は、本当に真剣に指導していただき、とても感謝しております。

講習会の1時間以上前から、私たちに最高の講義をするためにさまざまな準備をする姿勢には、頭が下がるばかりです。技術的なこと以前に、私個人は、治療に対する気持ちが、とても生ぬるいので、茂木先生からたくさんの言葉をいただきました。

"死ぬ気でやりなさい"。

"命をかけてやりなさい"

"患者を治せなければ、切腹するきもちでやりなさい"

"自身がないから患者の前で緊張している"

"瞬きが多いのは、脳がやる気がないことをあらわしている"

"下唇が前に突き出ているのは、あまえていることだ"

これらのありがたい言葉は、治療中、いつも思い出すようにしております。

講習会での指導、気持ちが変わることにより、少しずつ自分の技術が進歩してきたことが感じることができるようになりました。長い間わからなかったTRテストもやっといい感度で感じることができるようになりました。

今考えると、律動法を学ぶ以前の私は、人の生命を治療する心と体ではなかったと感じています。まだまだ、律動法の入り口を見ただけですが、もっと上達して、患者さんを治せるようになりたいと思っています。また講習会で学びながら、毎日鍛錬したいと思います。

 諸先生方には、大変お世話になり感謝しております。ありがとうございました。