月別

ムービーを見る

扁鵲の塀越しの患者の診断の再現

ムービーを見る

茂木昭による集団治療 70人

【手技療法】触診法

腎臓から肋骨を触診するとこの男性の場合、左の膀胱と左の腎臓の異常がみられた。

左の視床下部を正常にすると、固くなっていた膀胱がやわらかくなり

目も良く見えるようになり、左の鼻も通ってきた。視床下部を元に戻すと再びすべて異常になる。次はL1椎間板ヘルニア調整するとまたすべて正常になる。このようにすべての内臓疾患に全脊椎椎間板ヘルニア27個の関与が重大である。